【桜坂市民大学 51期特別講座!】藤井誠二×中江裕司「沖縄アンダーグラウンド~もうひとつの戦後史~」

桜坂市民大学51期が11月12日からスタート!
その中から、タイムリーでスペシャルな講座をご紹介します!
 
9月に刊行され、ジュンク堂那覇店で絶賛5周連続売上1位を記録中の『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』の著者藤井誠二さんと、
中江裕司監督によるトークイベントならぬ特別講義です。
沖縄をこよなく愛し、沖縄のまちのすみずみまで通い、深くを知る2人の講師がとにかく「沖縄」を語ります!
現時点までのすべてを凝縮し、藤井さんは本に、中江監督は映画に昇華させてゆくその経路は、“取材学”として多くを学べることでしょう。
たぶんきっとものすごいスピードでものすごくたくさんのことが語られます!
1言も聞き逃さないでください!
 
お申し込みは桜坂劇場まで。
人数制限もありますのでご予約がおすすめです。
講座の詳細はこちら ↓ ↓ ↓
 

市民大学特別講義 講座番号4
【 沖縄アンダーグラウンド 〜もうひとつの戦後史〜 】
講師:藤井誠二(ノンフィクション作家)
ゲスト講師:中江裕司(映画監督)
沖縄の「消された文化」を辿る。
私達はその地の持つ価値や歴史をどれくらい知っているのだろう。それが「闇」の部分ともなれば尚更……。
桜坂市民大学スペシャル対談!今回は「沖縄アンダーグラウンド」著者の藤井誠二が、沖縄を舞台にした映画を撮り続け、作品を通して沖縄と向き合い続ける映画監督中江裕二を迎える。消えた文化、不必要となり消えゆく文化は、「沖縄とは何か」を理解する手がかりとなるかもしれない。ただの沖縄好きのヤマトンチュとは片付けられないこの二人は、沖縄に何を見る――
回数: 全【 1 】回 
日程(開講日): 11/20(火)
時間:16:30~18:30
料金: 一般:1,500円 会員:1,000円
先着:30名

 
◎講師紹介

藤井誠二
ノンフィクションライター 1965年愛知県生まれ。緻密に、丹念な取材を元に、社会や制度の矛盾を突くノンフィクション作品を数多く発表。『「少年A」被害者遺族の慟哭』『黙秘の壁 名古屋・漫画喫茶従業員はなぜ死んだのか』など。

中江裕司
映画監督 1960年京都府生まれ。琉球大学へ入学して以来、沖縄県で生活。学生時代から沖縄を舞台にした映画を発表し、2000年に『ナビィの恋』で芸術選奨新人賞を受賞。「桜坂劇場」代表取締役。
 
◎著書『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』(講談社)

沖縄の米軍基地等に付随するように戦後も続いてきた沖縄の売買春街が、この数年のうちに姿を消した。 それはなぜか。街ではどのような人々が生きてきたか。戦後史を背景に持っているのか。それらを徹底取材したノンフィクション作品。緻密な取材の上、2018年9月刊行。

Posted in 桜坂市民大学ブログ.