※日程変更【講座番号・16】知って味わう琉球泡盛Par.3~「ようざん窯」を訪ねる~

中期講座(5〜8回)
講師名
波照間修・名渡山秋彦・安里伊久子・泊真児(琉球泡盛アンバサダー会講師)
開催曜日・期間
隔週土曜日・19:30〜21:00・全5回(1回ごとの受講可能)
※最終回のみフィールドワーク 14:00〜17:00
※蔓延防止措置に伴い日程を4/10(土)20:00〜21:30→5/8(土)19:30〜21:00に変更しています。
講座開始日
2021年05月08日
受講料
料金:9,000円(各1講座ずつの申し込みも可能:料金2,000円)
材料費:各回300円(最終日交通費 1,000円)
定員
8人程度
持参物
筆記用具、テイスティンググラス+チブグヮー(持っている方はご持参下さい)
ペットボトルのミネラルウォーター(各自持参。常温が望ましい)
備考
☆第1回~4回:
当講座は毎回、テイスティング実技がある講座です。
アルコール摂取後の運転はおやめください。
    
☆第5回(野外研修):
那覇市内で集合、主催者が用意した車両で移動し、
「神谷酒造所・ようざん窯」(予定)を見学します。
講座内容
※現在定員数に達しているため、
お申し込みされる場合はキャンセル待ちになります。
詳細はお問い合わせください。

泡盛に関する基本的な知識(泡盛の語源・歴史、製造工程、料理とのマリアージュ等)の座学と合わせ、
毎回個性豊かで、豊潤な香りの泡盛をテイスティング(試飲)し、魅力を探ります。
今回初の野外講座を開設。
泡盛甕制作で著名な「神谷酒造所・ようざん窯」(垣花陽一氏)を訪ねる予定です。
土つくりから、甕の形成、窯での焼き、仕次の方法から、苦労話まで、
全てを学べるめったにないチャンスです。
あなたの古酒つくりにきっと役立ちます。

※下記、変更後日程

5月8日(土)
第1回
理論:琉球泡盛とは?語源・由来・定義・歴史
実践:歴史的な酒造所の泡盛 (首里三箇・最古の酒造所を味わう)

5月22日(土)
第2回
理論:琉球泡盛の原料と製造工程
実践:原料/製造工程による味わいの違い

6月5日(土)
第3回
実践:古酒、一般酒それぞれの魅力の探求

6月19日(土)
第4回
実践:泡盛と料理とのマリアージュを紹介

7月3日(土)
14:00~17:00
第5回
野外研修:「神谷酒造所・ようざん窯」で酒甕を知る あなたも古酒甕のとりこに!


開講日(以下からお選びください)
【16】2021年春期スタート 2021年5月8日(土)
※蔓延防止措置に伴い日程を4/10(土)20:00〜21:30→5/8(土)19:30〜21:00に変更しています。
※今後の状況によっては、日程変更する場合がございます。

講座受講申し込み


    受講希望日(複数存在する場合上記からお選びください)








    一つ前の学期を受講した
    はいいいえ

    桜坂劇場ファンクラブ会員である
    はいいいえ
    桜坂市民大学を何で知りましたか?
    パンフレット新聞ラジオTV雑誌紹介その他
    支払方法
    劇場受付銀行受付郵便振込

    沖縄学研究室カテゴリーの記事