【講座番号 15】沖縄の伝統漆工芸・金継ぎ講座

中期講座(5〜8回)新規
講師名
糸数政次 漆芸家
開催曜日・期間
日曜日 11:00~13:00 全6回
講座開始日
2021年11月07日
受講料
料金:12,000円
材料費:3,000円(生漆、黒呂色漆、砥の粉、砥石粉、金粉)
定員
10人程度
持参物
割れた陶磁器(皿、鉢、碗、抹茶碗などで浅めの物) ※なければ100円均一で購入した物を持参。
講座内容
「金継ぎ技法を学び、使う」

金継ぎは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法です。
 漆はもともと補強材や接着剤として使われていて金継ぎは、その漆の特性を活かした技法です。破損部を漆で修復した痕跡は縄文土器にもみられ、室町時代には蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道 精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになった。修理後の継ぎ目は「景色」とよばれ、破損前とは異なる趣を楽しむのが金継ぎの醍醐味です。愛用の器を繕いながら使い続けること、そしてその繕いの跡に新たな個性を見出すことで美しい日本の文化を感じることができる講座です。

※作業工程が多く、1回の欠席でも大幅な遅れが出てしまいますので、全回出席必須です。
開講日(以下からお選びください)
秋期講座開講日 11/7(日)

講座受講申し込み


    受講希望日(複数存在する場合上記からお選びください)








    一つ前の学期を受講した
    はいいいえ

    桜坂劇場ファンクラブ会員である
    はいいいえ
    桜坂市民大学を何で知りましたか?
    パンフレット新聞ラジオTV雑誌紹介その他
    支払方法
    劇場受付銀行受付郵便振込

    伝統文化・伝統芸能沖縄学研究カテゴリーの記事