【講座番号・123・124】舞踏ってどんなおどり?を体験してみよう!

短期講座(1〜4回)入会金不要
講師名
狩集 敦子(大駱駝艦「無尽塾」元講師)
開催曜日・期間
【123】5/18(火)19:15〜20:45 全1回
【124】6/29(火)19:15〜20:45 全1回
講座開始日
2021年05月18日
受講料
一般:1,800円、会員:1,700円
定員
3人程度
持参物
飲み物、動きやすい服装
講座内容
「魅惑の舞踏の世界へようこそ!」

日本的な体へのアプローチから生まれた「おどり」。
舞踏のメソッドを使って体で遊んでみよう!という舞踏体験講座です。
講師は、舞踏カンパニー「大駱駝艦(だいらくだかん)」に10年所属、麿赤兒(まろあかじ)に師事。

講師HP・ブログ:http://www.dairakudakan.com/

たまたまついていたテレビで、
なんだかとんでもないものが映っていたのでした。
体を白く塗ってなにやらボロボロの体(てい)で、おじさん?が舞台に転がって、うねって、立っておりました。いや、テレビではそれを「おどり」だと言っていた。

産まれたてなのか?死にそうなのか?ボロ布みたいなのか?
ギラギラしているのか?迷っているのか?わかっているのか?

そのおどりは1960年代に日本で生まれた「舞踏」。
おどっていたのは舞踏の創始者 土方巽(ひじかたたつみ)。
高校生の私は、なんだなんだ?わからないけど気になるぞ…そしてなんだかカッコイイ!!と思ったのでした。

舞踏ってどんなおどりかを説明するのは難しいです。でもメソッドがあります。
是非その一端を体感してみてください。(講師より)

開講日(以下からお選びください)
2021年春期日程
【123】2021年5月18日(火)19:15〜20:45
【124】2021年6月29日(火)19:15〜20:45

講座受講申し込み


    受講希望日(複数存在する場合上記からお選びください)








    一つ前の学期を受講した
    はいいいえ

    桜坂劇場ファンクラブ会員である
    はいいいえ
    桜坂市民大学を何で知りましたか?
    パンフレット新聞ラジオTV雑誌紹介その他
    支払方法
    劇場受付銀行受付郵便振込

    ダンスカテゴリーの記事